更新日:2016/08/28

家賃を払わずに済むマイホーム生活を成功させましょう。

賃貸の住宅は毎月家賃を払い続けても、いくら長い間住み続けても自分たちの所有物にはなりません。ですから、人生のある時期を迎えた時に、マイホームを購入しようと考えるのではないでしょうか。

注文住宅というのは土地を購入した後に、ホームメーカーの担当者や、設計士の方と何度も入念に話し合いながらプランニングを重ね、マイホームのイメージを作り上げていくわけです。そこで必ず必要となってくるのが、建築確認申請です。ここで違反物件だと認められてしまえば、マイホーム作りを先に進めることが出来ません。

建築確認申請が無事に通り成功すれば、無事に工事に取り掛かれるのです。大工さんが一生懸命頑張ってくれている姿を見ながら、マイホームに住む日が近づいてきている事を実感することでしょう。金融機関などで住宅ローンを組んでマイホームを購入するようなら、住宅ローン減税の制度を利用できます。各年末の時期に行う、年末調整の際に申請することを忘れないようにしましょう。


〜住宅ローン借り換えのベストタイミング到来〜

住宅ローン借り換え大作戦のベストタイミングが近づいています。年明けからの日銀によるデフレ対策と大規模な金融緩和の影響をうけて、長期金利が上昇しはじめていますが、この先インフレターゲットに対しての積極的な策の実施は長期金利をさらにあげることになりそうで、ちょうど消費税が上がるまえの今のタイミングは固定金利で住宅ローンを借り替えるのにはベストなタイミングということができます。

1%金利が異なるだけで、25年や30年といった長期の支払いでは支払い総額が大きく変化してしまうことになりますから、この金利の安い時期に最低金利の住宅ローンに借り替えておくのがとてもお得な選択となるのはいうまでもありません。金利上昇前のこの時こそそのタイミングなのです。

また変動金利制のローンを組んでいらっしゃるかたも、このタイミングた見直しの絶好のポイントです。つまり金利上昇局面では今組んでいるローンの変動金利は間違いなく上昇してしまいますから、放置しておけば確実に支払額が増加してしまうのです。このタイミングに固定の低金利ローンにさえ切り替えておけば、この先どれだけ金利があがっても定額返済が可能になるというわけなのです。

各銀行では支払いに対するシュミレーションなどをネットのサイトに用意していますので、一度こうしたサイトでどの位返済額が異なってくるのかをチェックしてみると、借り換えのメリットが具体的にチェックできて便利です。金利があがらないこのタイミングこそ借り換えの絶好の機会なのです



モーゲージローンとは

マイホームを買おう!と計画をして、実際に物件選びをしたら次に考えたいのはローンの事です。ローン選びによって、返済で毎月の生活がキツイと感じてしまい幸せなマイホーム計画も苦しいものになってしまいます。そんな事にならないようにローン選びは慎重にしていきたいものです。

では、住宅ローンにはどのような種類のものがあるか、紹介していきたいと思います。まず、一般的に考える方が多いのは、銀行や公庫の住宅ローンがあると思います。こちらは所定の条件を満たすと店頭金利よりも低い金利が適用されたりなどのサービスが受けられる場合があります。

次にあまり馴染みのない住宅ローンとして、モーゲージローンと言って不動産の抵当権を担保にして住宅ローンを組むというものがあります。日本ではあまり知られていませんが、ローコストオペレーションによって銀行より低金利で住宅ローンを借り入れる事が出来る場合が多く、審査においても銀行よりも柔軟になっていますので、住宅ローンの利用を検討している場合は一つの選択肢として検討してみると良いかもしれません。


住宅ローンの審査について解説

住宅の購入を考えるときに一番重要と言っても過言ではないこととして、住宅ローンと言う物があります。これをくむことができなければ、住宅の購入を行うということができません。どのようなところでローンをくむかと言うことについて、しっかり考えていく必要があると言えます。自分が、金融機関からどの程度の融資を受けることができるかと言うことを知るということも、住宅の購入を検討していくときには、必要なことと言えます。その上で、どの住宅を手に入れることができるかと言うことを考えていくと言う方が具体的に検討しやすいということができます。

それを知る方法として、審査を受けるという方法があります。この審査には、事前に受けることが出きる物があるため、そのような審査を受けてみるというのも、有効な方法です。審査を通ることができれば、住宅ローンを組むことができるようになるわけですが、どこで融資を受けるかと言うことを考えることも重要なことです。住宅というのは、非常に大きな金額の融資を受けることになるものであるため、しっかり比較して有利なところを選択していく必要があります。そのようなところに気を使って、有利なところでローンをくむことができれば、非常に有利な支払条件で、住宅を手に入れることができるようになると言えます。長い期間どの返済を行うことになるものですので、時間をかけ、すこしでも有利な条件でその支払いを行うことができるところを探していくと言うことが必要になると言えます。インターネットなどを有効に利用し、有利なところを探していくべです。

映画のワンシーンとは違っても。

映画館に行って、映画を見るのはとても楽しいですね。ラブコメディ映画、ドキュメンタリー映画、アクション映画、ホラーサスペンス映画、アニメーション映画など様々なジャンルの映画を時には一人で受付しに行き、時には恋人とゆっくり見るのはとても幸せです。

映画の中に良く描かれるシーンで、温かい家族や幸せな家庭、絆の崩れた夫婦や崩壊していく家族の場面を見ます。一つの家があって、その中で繰り広げられる家庭の模様が印象的なのですが、そこの登場する家は住宅ローンを組んで購入したものなのでしょうか。家というものは、人々の癒しの場所です。

家にかかった費用の総支払額を、住宅ローンを組んで購入した人も、現金で購入した人も、借り換えをした人もそれぞれが色々なドラマを繰り広げて行くのです。映画のワンシーンのような美しい場面や、ドロドロとした場面で無くても、家というものは、たくさんの絆が生まれる場所であり、ガラス細工のように繊細な心が集まる場所なのです。


いろいろなローンの借り換え

生活していると、ローンを組む機会が多くあることと思います。車の購入、子どもの学費、住宅ローン。カードローンの借り換えなんて事もあるんじゃないでしょうか?中でも、住宅ローンは多額で長期になりやすい為、経済の変動により「住宅ローンを契約した当時よりも金利が安くなっている!」なんてことがありませんか?なんだか損をした気分になってしまいます。

その際、「住宅ローンの借り換え」といって、新しく住宅ローンを組みなおすことにより、お得になった金利を利用してローンの乗り換えをすることが出来ます!!また、収入の変化によって月々の返済額を低くしたい!というときにも、借り換えをして返済期間を延ばし、毎月の返済額を低くすることも最近では可能になってきているようです。

この借り換えの仕組みですが、まず、一番に覚えておく必要があるのは、「同じ金融機関で借り換えをすることは出来ない」ということ。別の銀行で現在の住宅ローン残高を全て返済し、他の銀行のローンへと乗り換える必要があります。また、複数の銀行などで住宅ローンを借り入れしていた場合は原則として、両方を合わせて借り換えをする必要があります。住宅ローンの借り換え方法ですが、新規の住宅ローンと同様に審査があります。

年収や他ローン、クレジットカードの有無、健康状態などが問われます。書類も同様、年収の証明となるものや物件の謄本などを揃える必要があります。同時に、補償量や事務手数料、抵当権の付け替えも行われるため、登記費用も必要ですが、この諸費用分も含めて借り換えをすることが出来ます。住宅ローンを組んで順調に支払いをしている場合でも、よりお得に完済できる可能性もあるので、返済しながらもローン情報はまめにチェックすることをオススメします。